氷川神社 | 春日部市の歯科 荒谷デンタルクリニック医院ブログ

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

 

最近の投稿

 

24時間WEB予約

医院ブログ

氷川神社

こんにちは
荒谷です。毎日寒い日が続いてますが、大宮の氷川神社の梅の木の蕾が開き始めました。確実に春は近づいてるようです。

この時期の平日の氷川神社はとても静かで癒やされます。

2012年02月16日 15:51|コメント(0)トラックバック

専門誌10月号のゲラが届きました。

ザ・クインテッセンス10月号のゲラが届きました。明日からクリニックは夏休みなので、今日中に推敲して朱書きを終え、明日発送する予定です。今回は特別企画で全19ページになります。

2011年08月13日 18:41|コメント(0)トラックバック

脱稿しました。

今年も歯科専門雑誌 ザ・クインテッセンス10月号、11月号に論文掲載を依頼されましたが、10月号の前半部分を本日無事脱稿することができました。今朝、家を出て途中のクロネコヤマトに立ち寄り、当日便(こんなのがあるんですね。はじめて知りました)で送ったら、夕方に編集長から電話をいただき、無事届いたとのことでした。すごい!

さあ、これから後半部分の執筆の追い込みです。

2011年07月22日 20:24|コメント(0)トラックバック

口腔システム研究会

文科省管轄生存科学研究所の口腔システム研究会の今年度第1回の研究会を本日6月2日に開催しました。

今回は、講師に前日本歯科大学生理学教室名誉教授の村上俊樹先生を招聘し、「顎関節症の病因についての生理学的な所見」について銀座の生存科学研究所にてご講演頂きました。あいにくの雨でしたが、午後10時半まで熱い議論がなされ、大変有意義な1日を過ごさせていただきました。睡眠時における噛みしめや歯ぎしりと関連が考えられる最新の研究データをわかりやすく説明していただきました。すでに大学を退官された村上教授ですが、“少年のような”純粋な顔で熱く講演して頂きました。患者様の幸せに直結する臨床と基礎医学の融合がこれからの歯科界に科せられた責務だと痛感した1日でした。

2011年06月03日 00:32|コメント(0)トラックバック

第1回OBI Tokyo Study Clubを開催

昨年9月と今年の1月に行われたOBI Japan Level II のコース参加者のための第1回目の勉強会を渋谷のT’s flagで行いました。今日の気温は26度で、この時期にしては暑い1日でした。この日の気温同様、咬合論に熱い議論が交わされ、まさに“熱く”充実した1日でした。参加したすべてのドクターは、かみ合わせで悩む患者様を何とか救いたいとの思いで日々必死に勉強されている、尊敬に値する人たちです。この人たちと共に、自分の一生をかけて、なんとかBioesthetic Dentistryをこの日本に根付かせたいですね。

2011年05月09日 00:07|コメント(0)トラックバック

「ザ・クインテッセンス」執筆依頼

昨年の「ザ・クインテッセンス」での7ヶ月間の連載から早1年。

今年も執筆の依頼を頂きました。

2回ですが、今年も連載です。

多くの患者さまの顎関節を痛める現状のナイトガードに問題提起し、

歯と顎関節を守るべく適切なナイトガードの理論と実際を紹介する予定です。

このナイトガードで多くの患者さまが噛み合わせの苦悩から解放されますように!

2011年04月09日 20:22|コメント(0)トラックバック
ページの先頭へ戻る