医療先進国で問題の保険診療で使用されているパラジウム合金等について -より安全で健康を持続する為の最良の選択- | 春日部市の歯科 荒谷デンタルクリニック医院ブログ

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

 

最近の投稿

 

スタッフ募集
診療予約

医院ブログ

医療先進国で問題の保険診療で使用されているパラジウム合金等について -より安全で健康を持続する為の最良の選択-

保険診療で用いられる金属(安価で普及はしたけれど)

あなたはパラジウムという金属をご存じですか?
パラジウムは金銀パラジウム合金として歯科治療に使用される金属です。歯にクラウンとしてかぶせたり、インレーとして詰めたりする銀色の合金で、略して「金パラ」と呼ばれています。
金パラは1961年に国民皆保険が導入された際に、まだ戦後の貧しかった経済状況下でやむなく導入された、安いだけで歯科医学的には積極的に推奨できないような代用合金です。
この金属に含まれる成分は、金12%、パラジウム20%、銀50%、銅16%、その他2%

 

お口の中は、超過酷な環境!

お口の中は熱湯のごとき高温から氷のごとき低温まで、または酸っぱい酢酸やクエン酸、甘い、辛い、様々な化学薬品のごとき物質が通り過ぎて行く超過酷な環境にあります。
このような過酷な環境に耐えられる合金は科学的、生物学的に安定した金合金や貴金属合金しかありません。

 

世界中で今でも推奨して使っているのは日本だけ

ところが、日本人の口腔内に多く使用されている保険の銀歯の材料が12%金銀パラジウムという金属ですが、これが問題になっています。
実は、世界の中で日本でしか使用されていません。
この合金には、銀が腐食しやすい金属なので、銀の耐蝕性を補うために金を使い、またさらに、銀のもろさを補うためにパラジウムを使っています。

 

パラジウムという金属は体に悪い!

しかしパラジウムという金属は、リンパ球幼若化テストという金属アレルギー検査では約半数の人に要せ反応が出ます。
ドイツやスウェーデンでは、保健省が歯科業界に対して「幼児及び妊婦に、銅を含有するパラジウム合金と水銀・銀アマルガム合金を使用しない」という勧告を行ないました。

 

医療先進国では使用中止

ドイツなどの医療先進国では、パラジウムが体に与える悪影響を考慮してパラジウムフリー(パラジウムを含まない、パラジウム0%)の金属を使うことを強く推奨しており外国製の日本向けの歯科金属のパンフレットでも「この金属はパラジウムを含みません」と言う事をわざわざ謳っている程パラジウムは身体に良くないと広く認識されています。

 

見えない所で気づかずに進行する患部の怖さ!

また 一見問題なさそうでも、金属は不透明で中が見えないため外してみると虫歯が進んでいることがよくあります。

 

保険診療は社会保障の範囲内、生活保護と同等の医療水準です。
当院では、より良い健康な生活のため、最善の診療をご提供致します。

この投稿へのコメント


CAPTCHA


ページの先頭へ戻る