かみ合わせ 埼玉県春日部市|荒谷デンタルクリニック|歯列矯正・嚙み合わせ治療専門

医院ブログ
24時間WEB予約
患者様の声

かみ合わせ

治療方針

歯並びをよくすることで得られる利点はなんでしょう?
それは、単に見た目が美しくなることだけではありません。混み合った歯並びの状態を解消してあげることで、むし歯や歯周病の予防にも大きな効果があります。また、歯並びをよくすることでそしゃく機能がよくなり、消化器への負担も下がります。それだけではありません。実は、この「よくそしゃくできること」には、健康長寿のための大変重要な秘密が隠されているのです。よくそしゃくできるようになると、唾液の分泌が促進されます。唾液には消化酵素など多くの酵素が含まれていますが、その中にペルオキシダーゼという酵素があります。これが現在きわめて注目されているのです。この酵素は、食品中の様々な発ガン物質やその疑惑物質の毒性に対して、相当の毒消し力を示すことが研究で明らかになっています。そして唾液は、ガンだけでなく、動脈硬化、糖尿病、心臓病、さらには老化にも密接に関係することが判明しているのです。しかし、食物を単に唾液と混ぜるだけではその毒消し力は小さく、よくそしゃくしないと大きな効果がないことも研究で明らかになっているのです。よくそしゃくするためには、もちろん健全な歯列がなければ難しいでしょう。もうひとつの利点は、歯並びがよいほうが、絶対的に他人への印象がよくなるということです。特に欧米諸国では、歯並びがいいと、ステイタスの高い仕事に就くことが可能です。それだけ自分の体に責任をもっているわけですから当然だと思います。欧米人にとっては、ブランド品より自分の体のほうがプライオリティは上だということは、当たり前のことなのです。


将来の健康のためにも、"予防歯科治療"としての矯正治療に対する意識を高めることは、大変素晴らしいことと考えております。


矯正治療における小臼歯抜歯について

歯並び・噛み合わせの矯正治療をする際、『出来る限り抜歯は避けたい』とほとんどの患者様は望まれることでしょう。もちろんのことなのですが、私(荒谷)も同じ思いです。昔は“便宜抜歯”などと言われ、精密検査もすることなく、ただやみくもに小臼歯が抜歯されていた時代がありました。そして、その時代のままのスタイルで治療されている矯正歯科医も今なお多く存在します。従って、非抜歯治療で非常に良い結果を出している多くの矯正歯科医は、あまりにも簡単に小臼歯が抜歯されていく現状に警鐘を鳴らしています。彼らは、非抜歯で健康な歯列を獲得できることを現場で数多く実証しているからです。しかし中には、小臼歯を抜歯したほうが好ましい結果を得られる場合もあります。抜歯するか抜歯しないかは、お口の状況をトータルで考えた上で、最適な判断を下すことになるのです。
歯並び・噛み合わせの矯正治療を希望される患者様の多くは叢生(そうせい=デコボコに歯が混み合っている状態)をともなっています。叢生の原因は、歯の大きさとあごの大きさの不調和です。つまり、4人掛けの椅子に5人も6人も座っているような状態です。
これを解決するには、基本的には椅子を大きくする(あごを広げる)か、座っている人を減らす(通常、犬歯の後ろの小臼歯を抜歯して歯の本数を減らす)か、どちらかになります。成長発育期のお子様は、上あごを広げることが可能なため、早い時期に治療すると、将来、非抜歯で治療ができる可能性は高くなります。しかしながら、下あごはほとんど広げられません。下あごの成長は、ほぼ遺伝によるもので私たちはその成長をコントロールできないのです。したがって、上あごを広げても、下あごの成長が追い付かなければ大人になったときに部分的に『抜歯もやむなし』となることがあります。また成人の場合には、成長発育が終わっていますので、叢生の程度が大きければ抜歯しなければならない確率が高まってしまうのです。
もし成人の叢生を強引に非抜歯で治療すると、口元が出てしまい口が閉じづらくなったり、歯槽骨から歯根が出てしまう危険性もあります。その結果、歯周病になりやすい環境を作ることになります。歯並び・噛み合わせの矯正治療が原因で歯周病を併発させてしまい、歯を抜くことになったら、こんなばかげた話はありません。
患者様のお口の中の状況は千差万別です。また、定める目標にも違いがあるため誰もが同じ治療方針とは限りません。各々の目標に到達するために、ある人は歯を抜く必要があり、ある人は抜く必要がないということです。また、抜歯部位、本数も人により異なるのです。
確かに抜歯は大切な問題です。抜歯する場合と抜歯しない場合で、それぞれどのような治療結果になる可能性があるのかについて納得ゆくまで説明を受けることが大切だと私たちは考えます。そのために矯正治療だけでなく、咬み合わせ専門医としての経験、高度な技術、結果を予測する高い知識力を総動員して診断を行い、患者様にわかりやすく説明することは私たちの責務であります。 歯並び・噛み合わせの矯正歯科治療を行う最終目的は、永久歯列を顔(口唇や口の周りの筋肉など)とのバランスを考えながら機能的に整えることです。
「歯を抜くこと」や「歯を抜かないこと」は矯正歯科治療を行う上での手段であって目的ではないのです。
当院では、米国を中心に世界的スタンダードとして認められるProgrammed and Preadjusted Appliance System (PPAS)を中心に、患者様ひとりひとりに対してオーダーメイド型の治療を行っております。


矯正治療の流れ

▼治療開始まで

1.初診・相談(30分)

初診表に症状などを記入します。まずお口の状態を診させていただきます。
その後に診療のあらましをご説明させていただきます。(矯正治療の方法、治療期間、治療費等)その際、ご了解が得られた場合、簡単な検査(レントゲン等)を加えさせていただくことがございます。
この日に矯正治療を始めるかどうか決定していただく必要はありません。
治療内容や費用など気になることを納得いくまでご相談ください。
ゆっくり考えて後日返事を下さって構いません。これから基本診査および概略の説明は保険診療の範囲内で行われます(3千円程度かかります。)

初診相談1 初診相談2

2.精密検査(約1時間)

お口・顔面のエックス線写真を2枚撮らせていただきます。骨格を含めた歯並び・咬み合わせを精密に診断するために必要です。
次に歯の型取りを行います。これにより、術前の歯の模型をつくります。咬合器(咬み合わせの形やあごの関節のずれを診断するための器械)に歯の模型を装着し、現在の咬み合わせの状態を診査します。これらの諸診査は個々の状況に応じて最適な装置を選択し、どのようにゴールに向かって治療を進めるかを決定するために非常に大切な検査です。治療計画を含む診断に約1週間かかります。診査結果は、上記全ての分析をお見せし、次回のコンサルテーションで詳しく説明させて頂きます。

精密検査1 精密検査2

3.カウンセリング(約30分~1時間)

カウンセリング (精密検査による診断結果を詳しく説明させていただきます。)
精密検査の資料分析を元に、治療方法・治療期間の目安、装置、治療費用などの詳しい説明をさせていただきます。この結果をふまえて、矯正治療をされるかどうか決めて頂きます。


▼治療開始

4.矯正治療の開始・調整

(この段階から治療開始となります。)
第1回目は、上下左右全ての歯にブラケットを装着し、その上にワイヤーをセットしますので、最も時間がかかります。全てをセットし、その後、ブラッシング指導を含めた今後の注意事項の説明をさせて頂きます。2時間~2時間半の治療時間を2回の予約に分けることも可能です。)

まず、治療前のお口やお顔の写真を撮影させて頂きます。これは、術前の唇の形や歯の見え方、顔貌の状態を記録しておくのが目的です。治療を進めていむに従って、それらが変化していくのかを常に把握していかなければ、美しい顔貌といったゴールへ到着することが困難になるからです。


これまでの実績例・症例集

▼症例1

この患者さんは、学生時代に前歯部開口(上下の前歯が嚙んでいなくて、口が開いた状態のかみ合わせ)を美容歯科で治療しました。開口を塞ぐために、ビーバーのような長い人工の歯を装着されて、長年悩んでいらっしゃいました。
そこで当クリニックで、まず開口を根本的に矯正治療で改善し、その後、新しく審美的な歯を作り直しました。横の顔貌(プロファイル)も著しく改善し、本人も大変喜んで下さいました。

矯正症例

矯正症例

矯正症例
感想文

▲クリックして拡大表示▲

八重歯で虫歯も多く、小学生の頃から歯にコンプレックスがありました。高校生の時に美容歯科でやった前歯の差し歯を治したくて先生に診て頂きましたが、噛み合わせにも問題があることがわかりました。
全ての治療が終わるまで時間もかかりましたし、矯正器具をつけている時は今までに感じたことのない傷みで食事が大変でしたが、先生もスタッフの方も優しかったので長く通うのも苦ではなかったです。
噛み合わせが変わると、口を閉じた時にアゴにできていたシワや、30歳を過ぎてから気になっていたほうれい線が消えていきました。若返りの為にはヒアルロン酸の注入や整形するしかないと思っていた私は、噛み合わせを治せばシワもたるみも解消すると先生に言われて、本当にその通りになって驚きました。歯がいろんな所に影響していたんだと実感しました。治療を受けて歯がキレイになっただけでなく、体の他の悩みも解消されて生きやすくなったので、時間とお金をかけてでもやってよかったと思いました。
ありがとうございました。

▼症例2

この患者さんは、エナメル質形成不全症で歯の表面がぼろぼろの状態でした。
これまで、数種の歯並び・噛み合わせの矯正治療や、歯を削合してバランスを整えるといった治療を、他の複数のクリニックで受けてから当クリニックに来院されました。来院当初は、わずか3カ所でしかかみ合っていない状態で、顎関節とともに非常に不安定でした。流動食しか飲み込むことが出来ず、大変苦しんでおられましたが、当クリニックでのかみ合わせ治療を終えた現在、何でも美味しく食べることが出来るそうです。

術前は、笑うと上あごの歯肉が見えることを大変気にしておられましたが、治療後は大幅に改善できました。顔面、首、肩、側頭部の慢性痛は完全に消失したそうです。

矯正症例

矯正症例

▼症例3

この患者さんは、初診時23歳で、近隣の歯科医院で歯並び・噛み合わせの矯正治療を終えてからしばらくして当院を来院されました。
その医院で矯正治療を終えて、しばらく経つと、歯が元の状態に戻ってきてしまいました。口を閉じても前歯に隙間が開いていて、前歯で物が咬めません。
その後、顔、肩が曲がって、右肩が凝り、首を右に大きく回せなくなりました。
このように、歯は単に並べればいいというのでは決してありません。
適切で正確な診断の下、当クリニックで2回目の矯正治療を行いました。
治療後は、首の傾斜も真っ直ぐに改善し、諸症状も大きく改善されました。

矯正症例

矯正症例

矯正症例

矯正症例

▲クリックして拡大表示▲

院長先生、およびスタッフの皆さま、本当にお世話になりました。
私がこちらにきたときは、一度矯正治療を終了していた状態でした。しかし、前歯でものが噛めなかったり、首の痛みがあったりと、まったく快適ではありませんでした。また、噛み合わせのせいか顔の形がアンバランスな感じで、人前で笑うことが少し苦手でした。(笑うとそれが目立つので・・・)
そんな状態できた私ですが、過去の矯正の状態を考えての治療方針を考えていただき、質問や疑問にも丁寧に答えていただいたので、安心して治療をうけることができました。治療期間中、だんだん自分の歯が動きていき、それに伴って、顔の形、首の痛みも色々と変化していくことがすごく嬉しかったです。
痛みは特に気になりませんでした。ごはんを食べているときに食べものがしょっちゅう矯正器具に挟まるのが少し厄介だったくらいです(笑)
長い治療期間でしたが、途中途中の疑問や質問にもすべて答えてくれ、それと、皆さんの雰囲気が本当に優しかったので、苦なく通うことができました。そして無事に治療が終わりました。
前歯で噛める!首が痛くない!なにより顔がスッキリして、人前で満面の笑みで笑えるようになりました!私にとってはこれが一番嬉しいことでした。
人と話すのが以前より楽しくなりました。
こんなに素晴らしい治療を施してくださり、本当に感謝しています。
本当にありがとうございました!

▼症例4

この患者さんは、長年歯並びに悩み続け、咀嚼や発声がしにくい、また、それに伴う体調不良を改善したいと考え、来院されました。
35歳で歯並び・噛み合わせの矯正治療を始め、2年間で治療終了しました。術後の写真は、治療終了後、5年経過した時のものです。
治療前には、下顎が左に大きくずれ、特に右側の上下犬歯どうしは大きく離れていますが、術後は、下顎のずれも改善され、左右上下犬歯ともにしっかり咬み合っています。
顔貌写真では、下顎角が左右非対称でしたが、術後には右側でもしっかり咀嚼できるようになりましたので、左右の下顎角が左右対称に改善しています。

矯正症例

矯正症例

▲クリックして拡大表示▲

幼少の頃から、歯ならびが悪く、ずっと悩んでいました。
矯正治療の事は、費用がかかるので、やろうかな、やめようかなと、いったりきたり気持ちが揺らいでいました。
でも、前よりも歯ならびが悪くなっていき、鏡にうつる自分の歯が、これ以上悪くなっていくのは・・・。
荒谷先生、スタッフの方々に、納得する(わかりやすい)説明や、ケア等々、長期間の通院に関わる事など、丁寧にサポートしていただきました。おかげさまで、かみ合わせもよくなってうれしいです。
ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。

ページの先頭へ戻る